ごあいさつ

店主 佐藤 正尚

札幌市内の日本料理店「車屋」と「花城」で11年間修行し、「川甚本店」で副料理長を9年間務め、このたび、「割烹 きすを」をオープンいたしました。

 

「割烹 きすを」では道産食材を中心に、四季折々の新鮮な素材を用いたお料理を店主ひとりでお作りいたします。

 

カウンター6席だけの割烹スタイルならではの臨場感とともに、こじんまりとした特別な隠れ家で、「き‐喜(よろこび)」と「す‐寿(ことぶき)」のような「幸せ」を感じて楽しんでいただけるよう、おもてなしさせていただきます。

 

店名の「きすを」は、祖父の喜寿雄(きすお)の名前からいただきました。

 

全国日本料理コンクールにて厚生労働大臣賞受賞。

北海道調理技能コンクールにて金賞・北海道知事賞受賞。